地理B

総評と分析

即答できる問題もあり、図表、統計資料の分析等は難しそうでも、正確な知識があれば正解に至ることのできる問題が中心である。


地理の全分野について満遍なく学習することが求められている。5年連続で地誌問題が2大問出題された。そのうちの1つは従来1つの広域地誌と異なり2地域の比較地誌、もう1つは2か国の比較地誌である。

問題分析

大問数 大問数は6で、昨年と変更はない。
設問数 設問数は35で、昨年と変更はない。
解答数 解答数は35で、昨年と変更はない。

問題量

  • 昨年と同じく、選択肢文等の字数は多い。図、表、写真、選択肢表などを除いた、設問文、選択肢文の字数は1万字程度で、昨年と同程度であった。問題文を迅速に読み、判断することが求められる。

出題分野・出題内容

  • 出題分野は昨年と同様で、世界の自然環境、資源、産業、都市と村落、地誌、地域調査の6分野である。第5問は昨年と同じく2か国を比較した地誌となった。
  • 出題内容は、第1問は「世界の自然環境と自然災害」、第2問は「資源と産業」で、小問数は各6つである。第3問は「都市と村落」で、昨年の「都市と村落、生活文化」から生活文化が省かれた出題であり、小問数は昨年と変わらず6である。第4問は「東南アジアとオセアニア」で広域の2地域比較地誌、第5問は「中国とブラジル」の2か国地誌で、小問数は第4問は6、第5問の小問数は5で昨年と同じである。第6問は「甲府盆地とその周辺地域の地域調査」で、小問数は昨年と同じ6である。

出題形式

  • 文の4択正誤判定問題は3問で昨年と変わらず、文の下線部の4択正誤判定問題は5問で昨年の9問から減った。3項目6択の組合せ問題は7問で、昨年の10問から3問減った。表の4択問題は昨年の4問から6問に増えた。図の4択問題は6問で昨年から3問増えた。記号の4択問題は2問で昨年と変わらず、2項目の4択組合せ問題は3問で、昨年から1問減った。新たに国名の4択問題が2問、2項目の6択組合せ問題が1問見られた。

難易度(全体)

  • やや易化した。例年通り知識のみで即答できる問題だけでなく図表の読み取りを要する問題が多く出題されたが、読み取りに苦労する問題は減少した。

第1問 (17点満点)

配点 出題内容 難易度
17 世界の自然環境と自然災害 やや易

世界の自然環境と自然災害に関する大問。問1の4地域の自然環境に関する問題は、地形についての知識問題。問2のハイサーグラフの選択問題は気候に関する平易な問題。問3の地震の震源と火山の分布に関する問題は、新期造山帯の位置を考えれば即答可能。問4の気圧帯に関する問題は、図を参照しつつ南半球の7月は冬と気づけば(4)が誤りとわかる。問5は樹木の高さの問題で、気候と植生の特徴を整理できていれば容易。問6は南北アメリカの自然災害の問題で、カリブ海地域のハリケーンや環太平洋造山帯沿いに発生する地震を想起したい。

第2問 (17点満点)

配点 出題内容 難易度
17 資源と産業 標準

資源と産業に関する問題。問1のマンガン鉱の輸入量推移は、マンガンが鉄鋼生産に使われることから各国の経済成長の推移を想起する。問2は水産業と水産資源の知識問題。問3のシンガポールとトルコの輸出品目に関する問題は、シンガポールの農業生産の少なさやトルコの工業化から判断する。問4の米の生産量、輸出量、輸入量に関する問題は平易で即答可能。問5は風力発電に関する選択問題で、偏西風と平地が広がるポルトガルである。問6の経済のサービス化、知識産業化に関する問題は、経済規模や産業構成から総合的に判断する。

第3問 (17点満点)

配点 出題内容 難易度
17 都市と村落 標準

都市と村落に関する大問。問1は300万都市の数の推移を問うた問題。インド、中国を含んでいることに注目。問2は首位都市と人口2位の都市の人口差を問う問題。オーストラリアが2大都市を有する。問3は都市問題に関する問題。ニューヨークの現状を考える。問4はホンコンの労働者の構成の変化に関する問題。労働者人口の多さと管理職・専門職の割合の低さにから判断する。問5は都道府県別の人口転出者数を問うた問題。人口数から考える。問6は日本のある都市の人口指標に関する問題。地価最高地点、主要道路一帯の密度から判断する。

第4問 (17点満点)

配点 出題内容 難易度
17 東南アジアとオセアニア 標準

東南アジアとオセアニアに関する問題。問1は水深の最も深い地点を問うた問題。海溝に注目。問2は4都市の雨温図の問題。都市Dは西岸海洋性気候を示す。問3はプランテーション作物の主産地に関する問題。カは東南アジアでの割合が高いこと、キはオーストラリアでの生産から判断する。問4は鉱産資源の統計問題。オーストラリアの大量生産と東南アジアの島嶼部での産出が決め手。問5は4か国の貿易関係に関する問題。オーストラリアと中国の関係に注目。問6は生活文化と民族・宗教についての問題。バリ島はヒンドゥー教徒が多い。

第5問 (14点満点)

配点 出題内容 難易度
14 中国とブラジル 標準

中国とブラジルの2か国の地誌に関する大問。問1は長江とアマゾン川流域の基本的知識が問われた。問2は両国の牛乳、小麦、バナナの産地についてで、ブラジルの農業地域区分は学習が手薄になりやすいので戸惑ったかもしれない。問3は中国が機械製品、ブラジルが食料の輸出国であることが判断できればよい。問4はアメリカ合衆国の次に中国が鉄道、国内貨物ともに輸送量が多いことが問われた。問5は1990年代以降、日本ではブラジルよりも近距離で経済成長をとげた中国とのほうが人的交流は活発化したことが問われた。

第6問 (18点満点)

配点 出題内容 難易度
18 甲府盆地とその周辺の地域調査 やや易

例年通りの日本の地域調査に関する大問。問1は内陸性の気候の甲府、海洋性の気候の御前崎、その中間の東京の気温と降水量について問われた。問2は甲府盆地の鳥瞰図の方向を判別する平易な問題である。問3は扇状地周辺の土地利用を地形図から判読する標準的な内容である。問4は写真と資料の読み取りをもとに文脈に沿った語句を選べばよい。問5は甲府市周辺の市街地の拡大による商業立地の変化を正確に読み取ればよい。問6は北杜市の人口統計についてで、人口の社会増加と自然増加、年齢別人口の分類の定義を理解しているかが問われた。

大学入試センター試験平均点(過去5年分)

年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度
平均点 62.03点 67.99点 62.34点 60.1点 58.59点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。