入試対策・学習アドバイス

地理歴史

世界史B

年代や背景の理解に重点を置いて学習を積んでおこう

問われている知識の内容が、用語それ自体よりも、年代や背景の理解にシフトしています。年代や背景に重点を置いた暗記に努めるとよいでしょう。用語のレベルはセンター試験よりも少し易しくなることが予想されますが、気を抜かずに、従来のセンターレベルの用語は押さえておくことを勧めます。センター試験の過去問演習も無駄にはならないので、解いておくとよいと思います。

頻出の資料には必ず触れておこう

本番でもほとんどの受験生にとって初見となる資料(史料文・図版・統計データ)が多く出題されることが予想されますが、まずは頻出の資料をチェックして読む練習をしておくと、初見の資料が出題されても慌てずに解答できるようになると思います。資料集に掲載されている頻出のグラフや史料文、図版や写真をよく参照しておくとよいです。また、センター試験でも2016年度以降はグラフの問題が出題されているので、これらは特に重点的に見ておいた方がよいでしょう。

日本史B

多様な出題形式に慣れるとともに、日本史用語の理解を深めよう

2017年と2018年の試行調査では、多くの問題で思考力が求められました。また、その思考力問題でも多様な出題形式が採用されていることから、共通テストではセンター試験のようにある程度形式がパターン化されるということは考えにくいでしょう。したがって、2年分の試行調査を解き、共通テストでどのような出題形式が来ても焦ることのないよう、時間配分などを考えながら冷静に対応できるようにしておく必要があります。ただし、日本史学習については、センター試験対策と同様に教科書を主軸とした学習が基本となります。その上で、知識の習得(暗記)に終始するのではなく、日本史用語の周辺情報(「事件」であれば、発生の背景・結果・影響といったもの)も合わせて理解する必要があります。また、テーマによってはすべての時代を縦断することもあるので、時代ごとの学習に留まらず、歴史の流れを把握しておきましょう。もちろん、知識問題の出題も予想されるので、センター試験の過去問を解くことは重要です。また、国公立大学の2次試験問題では、共通テストで問われそうなテーマを出題していることもあるので、そういった問題を見るだけでも違うでしょう。

地理B

初見の資料や図表に対応できるように、知識の定着と解答に必要な情報を見抜く力を身につけよう!

試行調査の難易度や形式は、従来のセンター試験と比べても大きな変化はありません。大問の数は6から5に減少したものの、センター試験よりも資料や図表の数が増え、読み取りにも時間を要する問題が多いです。この傾向は大学入学共通テストでも続くと考えられるため、素早く解答を導く力を養う必要があります。そのために、まずは教科書レベルの知識を習得しましょう。学習の際には地図帳でどの地域を学習しているかを確認し、また統計集を用いて最新のデータを参照するように心がけましょう。その後は、センター試験の過去問をはじめとした多様な問題に触れて知識を定着させるとともに、資料の読解力や図表から解答に必要な情報を見抜き整理する分析力、思考力を身につけましょう。

公民

現代社会

正確な知識だけでなく、文章を正しく読む力を身につけよう

「現代社会」は、政経分野を中心に、環境、資源、人口、青年期、文化、社会など多様な分野から出題されています。この傾向は大学入学共通テストでも同様であると予想されます。比重の大きい政経分野において不得意項目や未学習項目を残すと、それがそのまま低得点につながってしまうことになります。正確な知識を身につけるためには、センター試験の過去問研究による知識拡大が必要不可欠です。徹底した過去問演習を通して、知識を定着できるような学習を継続して行いましょう。また、大学入学共通テストでは文章量が多くなることが予想されます。ただ、その大半は「流し読み」をすべき文章で、解答に関わる選択肢文や資料文でも、さっと読んで大意だけ掴んでしまえば、全て丁寧に読む必要はありません。本番で時間配分のミスをしないためにも、「流し読み」の技術を培うことが必要になります。問題演習を繰り返して、文章を正しく読む練習をしましょう。

倫理

文章を精読する習慣、絵や写真から情報を読み取る力、基本用語を自分で説明する習慣を身に付けよう

共通テスト「倫理」では、これまで中心的であった「あらゆる文章の丁寧な精読」に加え、絵や写真、図表などを使った問題が増えると予想されます。文章の精読にあたっては、長文における論理の乱れや、新傾向である空欄を含む会話文の読解、用語の使い方の間違いを発見するなど、「現代文」の問題に取り組むような「批判的読解」の力をみがきましょう。図や写真については、初見の資料から特徴や情報を読み取る練習を重ねる必要があります。読み取った複数の情報を、選択肢文と照合する形式にも慣れていきましょう。また、例えば「イデア」や「アガペー」などの基本的な用語は、語句の暗記はもとより、内容理解もできていないと取り組めないような出題が増えることが予想されます。こういった問題に対応するためには、センター試験同様、一つ一つの事項を自分で説明できるようになるまで咀嚼することが肝要です。ある事項は他の事項とどこがどう違うのか、差異が明確になるまで徹底的に理解を深めていきましょう。

政治・経済

資料読解対策のほかは、センター試験対策と同様に過去問題演習を重視しよう

大学入学共通テストの2018年試行調査「政治・経済」を見る限り、設問の難易度と必要な基礎知識の量は、センター試験とほぼ同等です。違いが大きいのは資料読解の量です。したがって、教科書・資料集などに掲載されている文書や法令をきちんと読み込む経験を積むことと、図表が意味している事柄を見いだし確認する習慣を付けることが必須だと言えます。現時点で本格的な共通テスト対策の教材はまだありませんが、今夏には、共通テストの予想問題も収録した代々木ライブラリーの『共通テスト実戦問題集』が出版されます。それまでは、よく整理された資料集と、センター試験の過去問題集や代々木ライブラリーの『センターマーク基礎問題集』『センターマーク標準問題集』などを活用しましょう。

倫理、政治・経済

倫理分野では文脈を予測しながらの文章読解が、政経分野では資料読解と過去問題演習がポイント

倫理分野では、思想史の知識を試す従来型の問題でもそうでない「現代文」のような問題でも、「この先どのような文脈になっていくのか」を常に予測しながら関連する文章を読み進めていく力が求められます。そうした力の有無によって、共通テスト本番では大きな差が出ることになるでしょう。日頃の読書でも問題演習の際でも、とにかく集中して文章を読む訓練を積んでいくようにしましょう。政経分野では、センター試験と異なる部分である資料読解の対策として、資料集などに掲載されている文書や法令をきちんと読み込む経験を積むことと、図表が意味している事柄を見いだし確認する習慣を付けましょう。それ以外はセンター試験対策と同じで、過去問題演習を通じて問題の難易度に慣れておくのが重要です。現時点で本格的な共通テスト対策の教材はまだありませんが、今夏には、共通テストの予想問題も収録した代々木ライブラリーの『共通テスト実戦問題集』が出版されます。それまでは、よく整理された資料集と、センター試験の過去問題集や代々木ライブラリーの『センターマーク基礎問題集』『センターマーク標準問題集』などを活用しましょう。

国語

国語

現代文(論理的な文章)

大学入学共通テスト「国語」試行調査で出題された論理的な文章(第2問)の問題では、本文だけでなく、図や表、写真なども盛り込まれ、そうした複数の情報を互いに関連付けながら解くことが求められました。一見、従来のセンター試験から大きく変わったように見えますが、本文の文脈や論理展開を正確に読み取ることが重要という点ではこれまでと変わりません。したがって、まずは本文の内容を正確に理解する読解力を養うことが肝要です。対策としては、共通テスト試行調査の問題やセンター試験の過去問を解くことも有効ですが、答え合わせをするだけでなく、解いた問題を使って本文の要約を作成してみることも効果的です。また、大学入試センターが公表した試行調査やモデル問題では規約文書や法律の条文などが出題されているので、そうした文章にも慣れておくとよいでしょう。余裕があれば、本文中の図や表の内容を自分の言葉で説明したり、本文の構造を図解したりして、様々な形式で表現できるよう練習してみましょう。最後に、漢字問題に関してはやや難しい字が出題されることもあるので、できるだけ早い段階から学習を始めることが大切です。

現代文(文学的な文章)

試行調査で出題された文学的な文章(第3問)については、題材が小説、詩、エッセイなど多岐にわたっていますが、登場人物の心情把握や文章の表現に関する理解など、求められている力は従来のセンター試験とほぼ変わりません。小説では、時間の経過や場所の移動などを境目として、いくつかの「場面」に分けることができ、設問では各場面における登場人物の心情やその変化を問うものが多く出題されます。対策としては、教科書や入試問題、短編作品集などに掲載されている小説を用いて、場面ごとに人物の心情の変化とその変化をもたらしたきっかけを時系列に沿ってまとめるという方法が有効です。このような練習をしておくと作品を客観的に読む姿勢が身につくので、長い選択肢の正誤も見分けやすくなり、時間短縮にもつながります。そのうえで、明治時代から現代までに発表された様々な小説に触れ、どのような時代背景の作品が出題されても対応できるような柔軟な読解力を身につけましょう。詩やエッセイについても、国語便覧などに掲載されているレベルの表現技法(比喩、強調の方法など)を一通り学んだうえで、筆者独自のものの見方や描写された情景を丁寧に読み取る練習をしましょう。

古文

2018年度試行調査の古文(第4問)は、『源氏物語』(手習巻)から出題されました。傍線部説明問題(問1、4)、語釈問題(問2─小問3)、内容合致問題(問3)、複数の文章を用いた会話形式の問題(問5)という設問構成で、問1から問4までは『源氏物語』本文の読解が問われており、従来のセンター試験の傾向を引き継いだ形になっています。最後の問5は、教師と生徒の会話文や『遍昭集』からの引用文(和歌を含む)を踏まえて、生徒の解釈の中から正しいものを2つ選ぶという、新傾向の形式でした。複数の文章から必要な情報を抜き出して判断する力が求められている点が特徴的です。共通テストでは、このような新傾向の問題が含まれる可能性がありますが、基本的な知識を活用し、本文を正確に読み取る力が問われるという本質は変わりません。共通テストに向けた対策としては、まずは従来と変わらず古語や古典文法などの基本的な知識を習得することが必須となります。その上で新傾向の問題に備え、様々な形式の問題や様々なジャンルの文章に触れておくことが望ましいでしょう。また、二度の試行調査ではどちらも和歌が出題されているので、和歌に関する理解を深めておくとよいでしょう。

漢文

2018年度試行調査の漢文(第5問)では、複数(2種)の文章が出題され、漢字の意味、返り点、書き下し文、解釈、2つの文章をめぐる生徒の会話などが出題されました。設問構成を見るかぎり、漢文訓読(訓点・語彙など)の技能と、内容理解(故事成語の意味を含む)というように、知識と内容理解とがバランスよく問われているといえます。また設問の難易度は高くありませんが、漢文訓読への慣れや比喩表現の理解など、単なる暗記では対応できない言語の運用が必要となっています。そのため漢文の対策としては、まず句法や重要語の学習、本文構成や比喩表現の理解といった、これまでのセンター試験と同様の学力を養うことが重要です。次に、それに加えて、文学史を含む古典の知識を幅広く吸収し、漢文読解の基礎を築くなど、これまで以上に総合的、学際的な学力を養うことが望ましいといえます。また漢文においても、図などの視覚的な資料を用いた設問が出される可能性があります。意外性のある設問が出されても対応できるよう、前もってさまざまな形態の対策問題に触れておくことも、有効な対策となるでしょう。

外国語

英語(筆記)

2021年からは、センター試験に代わって大学入学共通テストが実施されます。過去2回実施された試行調査の筆記[リーディング]の問題を見ると、現行のセンター試験の問題構成・問題形式とは大きく異なり、発音・アクセント問題、4択式の文法・語法問題、語句整序問題などはなくなって、読解力の測定に特化した問題となっていることが特徴と言えます。また、本文と選択肢の語数を合わせた総語数は5000語を超え、センター試験よりも一層多くの分量を試験時間内に読み切ることが求められています。

読解問題の対策

説明文・物語文だけでなく、ブログや広告、インターネットのウェブサイトなども読解問題の題材になると予想されるため、幅広いジャンルの文章をたくさん読む「多読」の経験が欠かせません。英文読解に苦手意識のある人は、まずは平易な文章を一文一文正確に読む「精読」のトレーニングを徹底しましょう。ある程度読めるようになってきたら平易な文章を時間内に読んで理解する練習を行い、徐々に内容が難しい英文に取り組んでいくと良いでしょう。大学入学共通テストのリーディングの問題は、本文と選択肢の内容を照合するだけでなく、複数の意見を整理する力や英文の構成を把握したり、趣旨を把握して要約したりする力が求められています。そのため、一文一文の理解に支障がなくなった段階で、パラグラフや文章全体の趣旨(最も言いたいこと)は何かを考えて読むように意識していきましょう。

英語(リスニング)

リスニングは筆記(リーディング)ほどの大きな変化はありませんが、試行調査を見る限り、現行のセンター試験よりも大問数が2問増え、6問構成になることが予想されます。また、センター試験ではすべての問題で音声が2回流されますが、大学入学共通テストのリスニングでは、問題によって音声が1回しか流されないことも予想されます。問題の全体的な特徴としては、細かい情報を聞き取るだけでなく、発言の要旨を理解したり、複数の意見を比較・整理して正否を判断する力も求められることが挙げられます。また、問題冊子に記載されたノートにメモを取りながら解く問題や、ワークシートの空欄に入る語句を選ぶ問題など、音声を聞きながら作業を行う必要がある問題も出題されています。

リスニング問題の対策

リスニングの対策は試験直前に集中的に取り組むのではなく、毎日15~20分程度の時間をかけて少しずつ英文を聴く訓練をすることが非常に大切です。まずは短い会話文から始めて、スピードに慣れてきたら長めのモノローグを聴くようにすると良いでしょう。また、放送内容のスクリプトを音読することも有効です。まずはスクリプトを見ずに音声を聴き、音声を真似て発音します。その後、スクリプトを見て聴き取れなかったところを確認しながら、自然なスピードの音声と一緒に音読を行います。自ら声に出して読むことで、その単語が聴き取れるようになります。さらに英語のリズムが身につくため、聴いた英語が理解しやすくなります。スムーズに英文の内容がわかるようになるので、読解にも役立ちます。

理科(1)

物理基礎

試行調査を参考にすると来たる共通テスト物理基礎も過去のセンター試験物理基礎と同様の出題形式・設問構成・難易度になることが予想されます。従来のセンター試験物理基礎は全体的には計算量が少なく、平易で典型的な設問も多い反面、幅広く基礎理解を問われる構成になっていました。出題の難易度は高くないので、教科書の例題や章末問題が自力で解答できることを目標に学習を進めるとよいでしょう。公式を覚えただけでは解けない問題も多く出題されており、問題文と図やグラフから現象をイメージし、数式の物理的な意味を考える習慣をつけることが重要です。ある程度の解答力がついたところでセンター試験物理基礎の過去問に挑戦することでさらなる得点が見込めます。

化学基礎

基礎的な理論・知識を身につけた上で、長文形式の総合問題の演習を行おう。

センター試験では小問集合形式で出題されていましたが、共通テストでは総合問題形式になると予想されます。内容的にも新規の題材や資料に関する比較的長い文章を与え、それについていろいろな方面から問うという形になると考えられます。一見すると今までよりも手強い感じがするかもしれませんが、レベル的にはそれほど難しくはなく、基本事項を組み合わせた問題構成となると思われます。したがって、まずは教科書全般に渡って基本的な知識を確実に身につけ、化学理論を正しく理解することを心がけましょう。知識事項は細かいところまでは問われても答えられるように、教科書の隅から隅までチェックしておきましょう。特に、化学と人間生活については、詳細なところまで問われる可能性がありますので注意しましょう。計算問題は、まずは基本的なものの演習を繰り返し行い、その後、徐々にレベルを上げていきましょう。グラフやデータを考察する問題や実験の問題も出題されると予想されますので、基礎が定着した後は、そのような問題まで手を広げて演習をしましょう。長文形式の総合的な問題に慣れておく必要がありますので、模試等を積極的に受け、実戦的な演習をしておくことが大切です。

生物基礎

教科書の基本的な知識事項を確実に理解し、問題演習を通じて思考力を鍛えよう。

例年、第1問は生物基礎を学習する上で根幹となる「生物の特徴および遺伝子とそのはたらき」の分野から、第2問は比較的知識事項が多い「生物の体内環境の維持」の分野から、第3問は身近な自然環境と関係する「生物の多様性と生態系」の分野から、ミクロからマクロまで幅広い視点で出題されています。これまでのセンター試験では全体的に知識問題を中心とした出題でしたが、来年度からの共通テストでは単純な知識を問うのではなく、知識を総合的に用いて文章を読解したりデータの解析や考察を行う、思考力が試されるタイプの問題が増加することが予想されます。まずは教科書レベルの知識を身につけることが必要ですが、このとき生物用語を表面的に丸暗記するのではなく、その用語の周辺事項を含めて科学的な考え方を理解することが大切です。その上で、実戦問題集などを用いた問題演習を通じて読解力を養い、総合力や解析力を身につけていきましょう。受験生自身が各テーマに参加して一緒に考えていく形式や、仮説やその検証実験を設定する問題など、日頃の探究活動が問われる内容も出題される可能性が高いため、日頃から私たちヒトに関する話題など、身近な生物現象に対する意識を高め、疑問をもち、理解を深めておきましょう。教科書で参考や発展として扱われている内容にも目を通しておくとよいでしょう。

地学基礎

知識を確実に身につけよう!

あいまいな知識では解答できない問題が多いため、知識は確実に身につけておくことが大切です。読図問題はさまざまな図を見慣れておき、地学現象の意味とともに理解することが大切です。地質構造の読図問題、地球史分野や気象分野の知識問題は毎年苦手とする受験者が多く、これらの分野は特に早めの対策を心がける必要があります。計算問題は、数値の読み取りや計算の精度を高めることに加えて、覚えている数値で解答できたり、概算で要領よく算出できたりする問題もあるので、地学現象の時間・空間的なスケールを感覚的につかんでおくことが重要です。

具体的な学習法としては、まず教科書などで基礎知識を身につけておきましょう。基礎知識が身についたら、過去問にも取り組みましょう。過去問の復習には資料集などの図も参照しておくと効果的です。

数学(1)

数学I・数学A

過去問演習を通じて、マーク形式特有の出題に慣れることが重要です。

  • 必要十分条件・命題の真偽、平面図形、データの分析に関する問題はセンター試験以外での出題率は高くはありません。そのため、これらの分野はセンター試験の過去問演習が中心になります。
  • 選択問題の難易度に差があることも十分あり得るため、高得点をとるためには、どの分野も満遍なく習得しておくことが必要となります。
  • センター試験の過去問を利用する際は、試験時間を意識し、時間配分を考えながら行うことが効果的です。

数学(2)

数学II・数学B

センター試験の過去問演習を通し、マーク形式の問題を解く訓練を積みましょう。

  • 出題意図をくみ取りながら、複雑な設定の問題を解く必要があるので、センター試験の過去問演習を通じて、特有の出題に慣れましょう。
  • 各大問はそれなりに時間を要しますが、本番では時間が限られていますので、時間配分を考えた戦略をしっかりと立てましょう。
  • 数学用語の定義や数式の意味そのものを問われることも考えられますので、定義や公式をしっかりと理解しておきましょう。

理科(2)

物理

試行調査を参考にすると来たる共通テスト物理では、日常に見る身近な現象や実験的考察力・思考力を要する問題が出題される見込みですが、これらは従来のセンター試験物理でも数多く出題されており、出題の意図や難易度は踏襲されるものと予想されます。従来のセンター試験物理の問題は例年基礎から標準的な設問で構成されており、各分野にわたる広い基礎力が要求されました。出題される問題は標準的な問題といっても、グラフの読み取りから物理現象を考える設問も多く、公式を式の形のまま覚えているだけといった曖昧な理解では太刀打ちできない問題も出題されていました。日頃から教科書の図やグラフとの対応と意味を考えながら立式して問題に解答する習慣をつけておくことが重要です。また、2次・私大の試験で頻出のテーマ、問題集でもよく見かける問題設定も出題されていました。従来のセンター試験物理は選択問題のため、原子分野の学習をしなくても高得点が狙えましたが、共通テストは全分野からの全問必答となる可能性も考えられるので分野の隅々まで基礎を確認しておきましょう。標準的な問題の理解が進んだら、実戦的な問題に取り組むことも重要です。出題の難易度に慣れるためには過去のセンター試験物理の問題も有効です。前述の通り、全範囲からの出題となるので、60分から10分延長した70分で第1問〜第6問全てを解答し、115点満点として挑戦してみるのもよいでしょう。過去に出題されたセンター試験物理特有の実験・知識問題は共通テスト物理でも出題されることが予想され、これらは教科書をベースに出題されるものなので、教科書で紹介される周辺知識も入念にチェックしましょう。より実戦的には、本番により近い形式を体験できる模擬試験を積極的に受験するとよいでしょう。

化学

化学の基礎理論の理解を深め、文章把握能力も鍛えよう。

リード文のある形式の出題が予想されるが、設問自体は従来と変わらないものが多いと思われるので、まずは基礎的な知識や理論を身につけることが第一に必要といえます。教科書に載っていない知識に関する資料を与え、それを基に各問に答える読解力、思考力を試す形式も予想されるので、問題を解くのに必要な情報を読み取る力を養い、さらに二次試験で出題されている知識に関する文章やデータから考察する総合問題を解くことで実戦力を身につけていきましょう。また、数学の問題のように一桁ずつ数字を入れるタイプも見られ、従来以上に計算の正確性が要求される問題の出題も予想されます。センター試験の過去問や小問集合を解いておくことも必須といえます。

生物

教科書の基本事項を分野の偏りがないように確実に理解し、多くの実験考察問題に触れよう!

例年、生物の全分野から偏りなく、知識問題と考察問題がバランスよく出題されています。知識問題は教科書に準じた標準レベルの内容が中心ですが、単に用語を問うような問題は近年減少傾向にあります。複数の知識を組合せる問題や、知識を活用して与えられた文章や資料を読み解いていく思考型の問題が増加しているため、基本事項を確実にしながら、周辺事項と有機的に結びついた理解が必要となります。また、教科書の「参考」で扱われている内容が問われることもあるので、満遍なく学習していくことが必要です。実験考察問題は見慣れない設定の問題が出題されることが多いので、 グラフや図表について重点的な学習を行うとともに、様々な実験考察問題にあたり、どのような問題でも対処できるような考察力を養いましょう。また、計算問題についても、定石的な問題演習を通じて慣れておきましょう。 大問ごとにほぼ決まった分野から出題されてきたセンター試験とは異なり、来年度からの共通テストでは、身近な自然や事象に含まれる生物学的に重要なテーマを多様な視点で解析させていく、分野横断的な出題となることが予想されています。教科書レベルの知識の定着が最重要であることは共通テストになっても変わりませんが、分野横断的な出題では苦手分野があると複数の大問で失点しかねないため、偏りのない学習を心がけましょう。共通テストに特徴的な設問形式に慣れておくこと、また、本番では時間との勝負になるため制限時間内に解く練習をすることが特に重要です。実戦問題集などを利用して数多くの演習に取り組みましょう。

地学

地学基礎で学んだ知識と関連づけて学習しよう!

教科書などで知識を確実に身につけておくことと、文意を正確に読み取ることが大切です。地学特有の範囲も、地学基礎の学習内容を前提としています。用語や法則などを地学基礎で学んだ知識と関連づけて学習することで、地学現象の理解を深めることを意識しましょう。その際、さまざまな図を見慣れるために資料集なども活用すると効果的です。地質図の読図問題、気象分野の知識問題、天文分野の計算問題は毎年苦手とする受験者が多く、これらの分野は特に早めの対策を心がけて下さい。基礎知識が身についたら、過去問やセンター試験向けの練習問題に取り組みましょう。問題演習を通して、理解不足で知識があいまいな箇所を確実な理解へと一つずつ変えていくことが効果的です。

ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。