化学基礎

総評と分析

※前年との比較は、2021年度大学入学共通テスト(1/16・17実施)との比較です。
昨年に比べ第2問はより深い考察力を求める高度な問題であった。第1問は一部で考察を要するが、概ね基本的な内容であった。


第1問は基本的な正誤問題が多く、一部長文と組み合わせた問題となっているが、問われている内容は基本的なものであった。一方、第2問はグラフの読み取りだけでなく、得られた情報の活用を求められており、難しい問題であった。

問題分析

大問数 2で昨年から変更はない。
設問数 昨年に比べ、3増の13。
解答数 昨年に比べ、2減の15。

問題量

  • 昨年に比べ、計算問題の数はやや増加したが、文章量は同程度であった。全体的にみると問題量はほぼ昨年並であった。

出題分野・出題内容

  • 第1問は、イオン、原子、同位体、セッケン、酸・塩基、中和滴定、身近な物質、物質量、電池の小問が出題され、第2問は、エタノールを題材とした考察的な総合問題が出題された。
  • 第1問は、教科書レベルの基本問題が中心。問3の臭素分子の存在比の選択肢は難しいが、正解となる選択肢が明白なので計算しなくても解ける。
  • 第2問は、グラフを考察する問題が何問か含まれているため、やや難しい。

出題形式

  • 第2問の問3では比較的長文の問題を読み取り、それに関する問をいくつか配置する大問形式の問題が出題された。また、昨年見られた答の数値自体を解答させる問題は出題されなかった。

難易度(全体)

  • 昨年よりも易化。第2問のエタノールを題材とした総合問題は、2つのグラフを考察する必要がありやや難しい。第1問は一部考察的なものも見られるが、概ね基本的で得点しやすかった。

第1問 (30点満点)

配点 出題内容 難易度
問1 3 オキソニウムイオンの構造 やや易
問2 3 18族元素の性質 やや易
問3 3 同位体 やや易
問4 3 セッケン 標準
問5 3 酸の定義 やや易
問6 3 酸の電離と中和反応 やや難
問7 3 中和滴定 標準
問8 3 身近な物質 やや易
問9 3 物質量の計算 標準
問10 3 電池のしくみ 標準

問1はオキソニウムイオンの構造に関する基本問題。問2はイオン化エネルギーの大小がわかるかがポイント。問3は臭素分子の存在比は難しいが、求めなくても解ける。問4のセッケンの問題は、化学基礎しか学習していない人にとってはやや難しい。問5は酸の定義の問題で平易。問6は中和に要する水酸化ナトリウムの量を勘違いしやすい。問7の中和滴定の問題はごく標準的。問8の身近な物質の問題は知識があれば平易。問9の物質量の計算は標準的。問10は問題文の式を見れば解ける。

第2問 (20点満点)

配点 出題内容 難易度
問1 4 エタノールの性質 やや易
問2 4 温度変化を表すグラフの考察問題 やや難
問3 12 分別蒸留の考察問題 やや難

エタノールを題材とした総合問題。問1はエタノールの性質に関する知識問題で、エタノールが非電解質であることを知っていれば楽に解ける。問2は加熱による温度変化のグラフを考察する問題で、グラフの傾きが表す意味がわかるかがポイント。問3のaは解くのに必要がない密度に惑わされないことが重要。問3のbは原料Aを100gと仮定して解けばわかりやすい。問3のcは蒸留液1がEに相当することに気づけば解ける。

平均点(過去5年分)

年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度
平均点 24.65点 28.2点 31.22点 30.42点 28.59点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。