地理B

総評と分析

図表の分析等は、正確な知識があれば正解できる。一方、センター試験で頻出であった統計資料の判定問題は見られなかった。


地理の全分野について満遍なく学習することが求められている。図表の分析等は、一見難しそうでも、正確な知識があれば正解できる問題が中心であるが、比較的練られた資料が多い。一方、統計資料の判定問題は見られなかった。

センター試験・試行調査との相違点

  • 昨年度のセンター試験と比べると幾分難しいが、試行調査(2018年度実施)と比べると解答しやすい問題が多かった。なお、出題形式には従来見られなかったものもある。

問題分析

大問数 5
設問数 30
解答数 32

問題量

  • 大問の問題文、小問の図、表、写真、選択肢表などの文字を除いた、設問文および選択肢の文字数は1万2,000字程度で昨年度のセンター試験と同程度であったが、試行調査よりは少なかった。問題文を迅速に読み、判断することが求められる。

出題分野・出題内容

  • 出題分野は、世界の自然環境、資源、産業、都市と村落、地誌、地域調査の6分野である。
  • 出題内容は、第1問は「世界の自然環境」、第2問は「産業」、第3問は「都市と人口」、第4問は「アメリカ合衆国の地誌」、第5問は「京都府宮津市の地域調査」で、各大問の設問数は第1問が6、第2問が6、第3問が6、第4問が6、第5問が6である。

出題形式

  • 4つの文の4択正誤判定問題は4問、2項目4択の組合せ問題は6問、3項目6択の組合せ問題は7問、3項目8択の組合せ問題は2問、また、表中の4択問題は1問、図中の4択問題は5問であった。このほか、今回の共通テストでは新しい出題形式が少なからずあり、図中の6項目中2項目の4択組合せ問題が1問、空欄2か所を4択問題で同じものを2度使ってよい問題が2問、2つの文の正誤の4択問題が1問、2項目6択の組合せ問題は3問あり、これらは従来のセンター試験には見られなかった。全体では3項目6択の組合せ問題が全設問の約2割を占めている。なお、4つの文の下線部の4択正誤判定問題、2項目9択の組合せ問題、単語のみの4択問題は出題されなかった。

難易度(全体)

  • 昨年度のセンター試験と比べるとやや難化しているが、2018年実施の試行調査と比べると解答に時間のかかる問題、判断に悩む問題は減少した。

第1問 (20点満点)

配点 出題内容 難易度
A 10 世界の気候と自然災害 やや難
B 10 世界の代表的な山を教材とした世界の自然環境やその変化 やや難

世界の自然環境に関する問題。問1は標高差の小さい2都市を選択する。問2は地中海性気候において降水をもたらす要因を考える問題で容易である。問3はタとチは自然災害の人為的要因について、ツは雨季という条件を揃えて考察する。問4は変動帯に位置する山、氷河が分布する山をそれぞれ同じ選択肢から選ぶという形式は新しい。同じ選択肢を選べることに注意。問5は山の景観について考察する問題で、ヤの降水量のみで決まるというのはすぐに誤りとわかる。問6は氷河の消失について考察する問題で、融けた水の利用について注意する。

第2問 (20点満点)

配点 出題内容 難易度
20 産業 標準

産業に関する問題。問1は小麦生産量の変化に注目すれば容易である。問2は中国の漁獲量、養殖業生産量の増加と養殖業の多さに注目する。問3は原料は製品の2倍の輸送費という条件に注意したい。問4は原料、製品に冷蔵、冷凍が必要かに注目する。問5は日本の中国への直接投資の増加に注目する。ASEANと取り違えないように注意したい。問6は百貨店は都市中心部に立地しやすく、コンビニエンスストアはロードサイドへの立地は少ないことから判断する。

第3問 (20点満点)

配点 出題内容 難易度
20 都市と人口 標準

都市と人口に関する問題。問1は4地域の人口100万人以上の都市分布においては、中国に次いで多いのがインド北部。問2のオーストラリアの年齢別人口割合は、移民が多いことから考察する。問3のインド系住民の移住先は、マレーシア、アメリカ合衆国などのインド系住民の割合から考える。問4は東京都の市区町村別の人口動態を都心部、住宅地、郊外に分けて判断する。問5は居住者のいない住宅地の要因を空き家と別荘などから考える。問6は、タイペイの交通網について、バス専用路線の図と地下鉄路線の拡充を示したグラフから読み取る。

第4問 (20点満点)

配点 出題内容 難易度
A 13 アメリカ合衆国 標準
B 7 アメリカ合衆国の社会と経済の多様性 標準

アメリカ合衆国に関する問題。問1の人口重心の移動は、サンベルトとラストベストから判断する。問2の3州の取水量は、ネブラスカ州の農業用水、マサチューセッツ州の生活用水の割合に注目する。問3のミシガン州とワシントン州の気候と農作物は、ミシガン州が寒冷な気候を示すことから判断する。問4のミシガン州とワシントン州の人種・民族別人口割合は、アフリカ系とアジア系に注目する。問5の各州の社会・経済に関する問題は、移民の居住地と南部に貧困層が多いことから判断する。問6の地図問題は、同国の工業の現況から考える。

第5問 (20点満点)

配点 出題内容 難易度
20 京都府宮津市の地域調査 標準

京都府宮津市の地域調査に関する問題。問1は統計地図(階級区分図)の標準的な読み取り問題。問2は現在の地理院地図と1845年の城下町の古地図を比較した標準的な読み取り問題。問3は衛星写真を利用した天橋立付近の写真判定問題。問4は近年のセンター試験にはなかった8択の組合せ問題であり、聞き取り調査の空欄補充で日本の気候と工業の基礎知識があれば迷わず解答できる。問5は聞き取り調査に関する平易な正誤問題。問6は統計地図(図形表現図と階級区分図)の標準的な読み取り問題。

大学入試センター試験平均点(過去5年分)

年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度
平均点 66.35点 62.03点 67.99点 62.34点 60.10点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。